【クレジットカードとはどういったもの?】
20歳を超えれば多くの方が持った経験のあるクレジットカードですが、世界的に先進各国では、ある程度の安定収入のある社会人では1人平均3枚以上は持っているといわれています。今や生活するうえで必須アイテムとも言えます。インターネットでのオンラインショッピングでは支払いの都度、手数料のかかる銀行振り込みや郵便振替、運送会社への代引きと違い、何度利用しても一括払いである以上は年会費以外には支払いのための費用は一切かかりませんから通販購入にも必須アイテムです。
また利用すればするほどポイント還元もあり、大概のクレジットカードでは、どんなに低くとも利用額の0.5%程度、多ければ数%もの還元率がありますから、クレジットカードを利用するだけで買い物上手と言えます。

【クレジットカードの歴史】
日本では1960年代より、銀行や信販会社がそれぞれ独自にクレジットカードサービスを開始しましたが、その当初は利用できる加盟店もごくわずかで、現在のような海外でも利用できるものではありませんでした。 80年代に入り世界3大クレジットカードのアメリカエクスプレス、VISA、MASTERがこれら国産カードと提携するようになり、80年代後半以降はバブルの時期も重なって急速に加盟店が増加したのです。
さらには国産クレジットカードながら海外での加盟店増加にも注力して、3強に次ぐ加盟店数となったJCBの活躍も見逃せません。 90年代に入りバブル崩壊もあり、クレジットカードは金融機関発行のものだけでなく、各社顧客抱え込み戦略を兼ねて、スーパーやコンビニ、でも発行するようになり、それぞれの業界で競合と差別化するために、ポイント還元やポイント付加条件、利用特典などを競って魅力的なものとなってきました。 特に今世紀に入ってからは、インターネットや携帯電話の急速な普及で、通販サイトや携帯電話プロバイダなどでも、カードを発行するようになってきました。 また、クレジットカードのライバルともいうべき電子マネーでも、併用カードにしたり、課金をクレジットカード経由でできるようにしたりといったサービスも行われています。
ここ最近は新規発行が一見落ち着いたかのように見えたのですが、旅行サイトを併営する旅行会社系の発行が活発になってきました。 しかしこれだけ数多い種類のクレジットカードが世の中に蔓延すると、どのカードを所有するのがお得なのかわからないですよね。 口コミサイトや比較サイトもありますが、これでは平均的に還元率が良いとか年会費が安いとかのカードはわかっても、自分にとって最もお得なカードがどれなのかまでは判断しきれません。
それは人それぞれの住んでいるところや、趣味、行動パターンにより、自分の出費先、つまりは購入先が違うからです。 せっかく条件の良いクレジットカードを所有していても、利用できる場が少ないのでは意味ありません。 だからクレジットカードそれぞれのサービスをフル活用するためにも、その初期段階でのクレジットカード選びで、いかに利用できる場が多いかを検討して選択することが重要なのです。

ショッピング枠現金化サイトの換金率
砂金クレジットカードを持っている方の常識ともいえるショッピング枠現金化サイトに関してですが、利用者が増え続けていることが原因となり、多くの会社が換金率を高めています。これはデフレスパイラルの形と似ていて、価格競争が始まっているということです。
利用者からすればショッピング枠を損せずに現金化できるというメリットがありますが、それにより必要以上に現金化してしまうということにもつながります。というかそれが現実となってしまっています。
このように確かに生活をしていく中で、生活者にとって便利にはなっているのですが、それは理性や知識を持った経験者にとってであり、今はまだいいのかもしれませんが、収入以上の出費が積り、結果的に自分ではどうしようもない状況に陥ってしまいかねません。
まず、やらなければならないことは、現代に即した基本的にな知識を持つということから始めましょう。そうすることで今を今まで以上に楽しむことに繋がり、それは単純に便利な社会になった!とプラスのみの考えで収まるはずです。
便利な世の中をプラスに生きるのか?便利をはき違え苦しい生活を送るのか?それはあなたが決める問題です。